友人との学習活動における自律的な動機づけの役割に関する研究 Autonomous Motivation in Learning Activities With Friends

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 岡田 涼 OKADA RYO
    • 名古屋大学大学院教育発達科学研究科 GRADUATE SCHOOL OF EDUCATION AND HUMAN DEVELOPMENT, NAGOYA UNIVERSITY

抄録

本研究では,これまで指摘されてきた友人関係と学習との関連について,友人との学習活動に注目して検討した。学習と友人関係のそれぞれに対する自律的な動機づけが,友人との学習活動を介して,充実感に影響するプロセスを想定し,検討を行った。友人との学習活動については,予備調査の結果から,援助要請,援助提供,相互学習,学習機会を取り上げた。中学生430名を対象に質問紙調査を行った。その結果,援助要請は友人関係に対する自律的な動機づけおよび充実感と関連し,援助提供は学習に対する自律的な動機づけおよび充実感と関連していた。また,相互学習は友人関係に対する自律的な動機づけと関連し,学習と友人関係の両方に対する充実感と関連していた。学習機会は,学習に対する自律的な動機づけと関連していたが,いずれの充実感とも関連がみられなかった。最後に,友人との学習活動の重要性について論じた。

The purpose of the present study was to examine relations between friendship and learning in terms of learning activities with friends, based on a model that assumed that autonomous motivation for learning and friendship influences satisfaction through some types of learning activities with friends. The list of learning activities with friends, developed on the basis of a preliminary survey, included help-seeking, help-giving, reciprocal learning, and opportunities to learn. Junior high school students (N=430) completed a questionnaire. The results were as follows : (1) help-seeking was related to autonomous motivation for friendship and satisfaction with friendship ; (2) help-giving was associated with autonomous motivation for learning and satisfaction for learning ; (3) autonomous motivation for friendship was related to reciprocal learning, which, in turn, predicted satisfaction with both friendship and learning ; and (4) opportunity to learn was associated with autonomous motivation for learning, but had no relation to satisfaction.

収録刊行物

  • 教育心理学研究

    教育心理学研究 56(1), 14-22, 2008-03-30

    日本教育心理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006668325
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00345837
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    00215015
  • NDL 記事登録ID
    9482150
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-182
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ