視覚障害者向けデジタル放送受信提示システムとアクセシビリティ評価 Development of Digital Broadcast Presentation System for Visually Impaired People and Accessibility Evaluation

この論文をさがす

著者

抄録

視覚に障害のある人が、データ放送やWebなどのコンテンツを享受できる情報受信提示システムを開発している。本研究では、視覚障害者に放送と通信のコンテンツをアクセシブルに変換できる方式、および障害のタイプや程度に応じて様々な形態で提示でき、ユーザが自由に選択できる方式を開発している。本報告では、まず、開発システムの構成の概要を述べる。次に、本システムにおいて、実際の放送やWebのコンテンツに対し、従来の音声ナビゲーションと触覚ナビゲーションの場合のアクセシビリティの差異を探索時間による客観評価で求め、操作性や有効性、コンテンツの理解度などを主観評価した。その結果、触覚ナビゲーションでは、学習効果やコンテンツの理解度に効果があることが示唆された。

A user-friendly information presentation system has been developed that enables visually impaired people to enjoy access to data broadcast and Internet content. The goals of this work were to develop a scheme for converting broadcast and communications content to a format readily accessible by the visually impaired, and to develop a scheme offering a range of output options that the user can freely choose from among to reflect the type and degree of disability. The report begins with a description of the system's configuration. Then we evaluate the system objectively by comparing the time it takes to search for actual data and Web content using the proposed tactile navigation versus conventional audio navigation, and subjectively based on user assessments of operability, effectiveness, content comprehension. The findings indicate that the tactile navigation approach has discernable learning-effect and content-comprehension-effect advantages.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学

    電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学 107(555), 17-22, 2008-03-17

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006781704
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1155230X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    9456837
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ