無相関ノイズ刺激による初期視覚野神経細胞の方位視差選択性の検証 Investigation of binocular orientation disparity with uncorrelated noise stimuli : The Format of Technical Report

この論文をさがす

著者

抄録

奥行き方向に傾いた面上の線分を両眼で見た時、片目に映る線分の傾きは左右で異なる。この傾きの差を方位視差という。こうした方位視差を表現する神経機構は驚くほどわかっていない。方位視差を検出する神経細胞が初期視覚野に存在したと報告されているものの、実験方法や解像度などの問題があり、十分な検討がされているとはいえない。そこで本研究では先行研究での問題点をふまえ、無相関両眼ダイナミックのノイズ刺激を提示する手法を採用して両眼方位視差選択性を調べた。本論文では、解析方法を説明し、得られた解析データをを報告する。

When line segments on inclined surface are viewed with the two eyes, their orientations differ between the left and right eyes (binocular orientation disparity). This disparity is constant depending on the degree of inclination, and may help us perceive the inclination. The neural substrate for encoding binocular orientation disparity remains to be discovered. In this study, we have examined whether neurons in the cat early visual cortex detect binocular orientation disparity by using uncorrelated binocular dynamic noise stimuli. Most neurons we analyzed showed response profiles separable into the left-eye and right-eye functions in the binocular orientation domain, and were not selective to a constant binocular orientation disparity.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング

    電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング 107(542), 221-225, 2008-03-05

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006783228
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091178
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    9461804
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ