脳梁結合を持つ初期視覚野神経細胞の受容野構造の解析 Receptive fields of transcallosally connected neurons in the early visual cortex

この論文をさがす

著者

抄録

初期視覚野では左右視野の情報は別々の脳半球で処理されているにも関わらず、私たちは継ぎ目のない世界を知覚することができる。大脳は脳梁を介し視野情報を統合していると考えられている。左右視野の縫合に初期視覚野の神経細胞が果たしている役割を調べるために、脳梁を介し結合する神経細胞の受容野構造を逆相関法により計測した。その結果、受容野のON領域とON領域(あるいはOFF領域とOFF領域)が空間的に重なるものだけでなく、ON領域とOFF領域が重なるものもあることがわかった。

In spite of fact that visual information in the left and right visual fields are received by separate cortical hemispheres we are able to obtain a completely seamless perception of the world. It is assumed that this is because the visual cortex stitches together visual information of both hemi-fields via corpus callosum. To investigate the role of early,visual neurons for binding left and right hemi-fields, we characterized the receptive field properties of neurons recorded simultaneously across the hemispheres using a reverse correlation method. We found that sub-regions of the paired neurons show various response polarities, where the overlaps were observed not only for ON-ON or OFF-OFF, but also for ON-OFF combinations.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング

    電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング 107(542), 227-230, 2008-03-05

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006783229
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091178
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    9461824
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ