大質量ブラックホールの形成過程 : 恒星系の熱力学的進化の観点から Formation Process of Supermassive Blackholes : From a Stellar-Dynamical Viewpoint

この論文をさがす

著者

抄録

最近になってM82銀河の中心近くに太陽質量の1,000倍程度の「中間質量」ブラックホールが見つかった.これまでは太陽質量の100から100万倍の間のブラックホールは全く見つかっていなかった.M82での発見はブラックホール,特に多くの銀河の中心にあると思われる太陽質量の100万倍を超える大質量ブラックホールの形成過程に対する我々の理解を大きく変えるものである.この解説では,大質量ブラックホールの形成過程に対する,上の発見をふまえた新しいシナリオを紹介する.我々はこれがブラックホール形成シナリオの「決定版」になる可能性は十分にあると考えている.

Recently, an "intermediate mass" black hole (IMBH) was found in the central region of galaxy M82 through observations made by ASCA, Chandra and SUBARU. This is the first finding of a black hole with the mass more than 100 solar mass but significantly less than 1 million solar mass, and, as such, has completely changed our understanding of the formation process of massive blackholes. We describe our new scenario in which IMBHs serve as the "missing link" between small and massive black holes. IMBHs first form in young compact star clusters through runaway merging of massive stars. While these IMBHs are forming, the host star clusters sink toward the galactic nucleus through dynamical friction, and upon evaporation deposit their IMBHs near the galactic center. The IMBHs then form binaries and eventually merge via gravitational radiation, forming an SMBH.

収録刊行物

  • 日本物理學會誌

    日本物理學會誌 57(5), 330-336, 2002-05-05

    一般社団法人日本物理学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006788498
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00290181
  • NDL 記事登録ID
    6126310
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-13
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ