幼児の物語行為を支援するソフトウェアの開発 Development of Software that Supports Young Children's Narrative Productions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐藤 朝美 SATO Tomomi
    • 東京大学大学院学際情報学府 Graduate School of Interdisciplinary Information Studies, The University of Tokyo

抄録

本研究では,幼児期の5歳半頃から活発にみられるようになる物語行為を支援するソフトウェアを開発する.本ソフトウェアにより幼児の物語行為を活性化し,発話の種類を増加させ,前後文の統合を支援することを目的とする.支援形態は,幼児の物語産出の発達過程の先行研究や物語支援システムの先行研究の知見から検討し,機能を実装した.本ソフトウェアの効果の検討を行う為,5歳児を対象に紙を使った作話との比較実験を行った.その結果,ソフトウェアの機能を使用しながら作話することにより,発話が活性化され,発話の種類も増えることがわかった.特に,登場人物の表情を付加する機能から心情に触れる発話が増加した.また,話の前後文が統合され,聞き手に理解しやすい内容になるという結果が得られた.

In this research, I develop a Tablet PC software to support children's narrative skills, which young children start to do actively around the age of five-and-half years old. I intended to stimulate storytelling to increase event categories of protocol and to support causal relation. After reviewing earlier studies about developing process of children's narrative production and about supporting system for storytelling, I considered supporting methods and developed necessary functions. Then, to investigate the effect of this software, I conducted an experiment for comparing story protocol told by five-year-old children. One group used paper crafts, and the other used the system I propose. The result showed that the proposed system stimulate storytelling and increase event categories of protocol of each story. The protocols about the character's mental stage were increased especially by using function to change facial expression. Children could also use causal relation and make easy to understand stories.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 32(1), 33-42, 2008

    日本教育工学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006792153
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13498290
  • NDL 記事登録ID
    9552392
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ