学校教育の情報化に関する現状と今後の展開に関する調査結果 Current Situations and Future Prospects for Informatization of School Education

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

わが国が推進してきた教育の情報化の現状を明らかにすると共に,教育の情報化の推進に関する要因と,推進を阻害する要因を明確にするために,2度のアンケート調査を実施した.2004年2月と2005年12月に小・中・高5,000校を対象にして調査を行い,一般教員からは合計で8,190,校長などの管理職からは合計で4,731の回答を得た,これら2回の調査について比較することにより,学校における教員によるITの活用が推進されていることを明らかにした.また,管理職に対する調査により,推進のための要因と阻害する要因を明らかにした.また,阻害要因に関する回答について因子分析を行うことにより,5つの因子を抽出し,活用環境や条件の整備,教師のIT活用指導力向上が重要であることを明らかにした.

Questionnaire surveys were conducted twice to find out the present situations of informatization of school education that our country has been promoting, and to clarify promotive and disincentive factors. Questionnaires were sent on February 2004 and December 2005 to 5,000 schools of primary, lower secondary and upper secondary schools, and received a total of 8,190 responses from teachers and 4,731 responses from executive teachers such as principals. Comparing these two survey responses revealed that schools made steady progress to use of IT by teachers during two years, and that promotive and disincentive factors were obtained specifically by the questionnaires to the executive teachers. Five factors were obtained by conducting factor analysis for the answers about disincentive factors, and it was noted that it is important to move ahead on IT environmental considerations in schools and to improve the teacher's teaching capacity of using IT.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌   [巻号一覧]

    日本教育工学会論文誌 30(4), 365-374, 2007 

    日本教育工学会

参考文献:  3件

被引用文献:  6件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006794633
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13498290
  • NDL 記事登録ID
    8753655
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ