自閉症者のインターネット活用が行動に及ぼす影響 Influence of Internet Use on the Behavior of Autism

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 永澤 精一 NAGASAWA Seiichi
    • 社会福祉法人仙台市手をつなぐ育成会:東北大学大学院教育情報学教育部 Sendai Association for People with Intellectual Disabilities:Graduate School of Educational Informatics Education Division, Tohoku University
    • 熊井 正之 KUMAI Masayuki
    • 東北大学大学院教育情報学研究部 Graduate School of Educational Informatics Research Division, Tohoku University
    • 渡部 信一 WATABE Shinichi
    • 東北大学大学院教育情報学研究部 Graduate School of Educational Informatics Research Division, Tohoku University

抄録

高度情報化時代になり,テクノロジーは障害者支援の有効な道具となりつつある.筆者らは常に同じような内容の会話を繰り返す自閉症者2名に対し,1.コンピュータを共同使用することが効果的であることを確認すること,2.新たな行動を誘発させる上で有効なホームページとはどのようなものか明らかにすることを目的として,インターネットを活用する実践を行った.実践の結果,コンピュータを共同使用することで両者の会話が促進した.また,地図による検索や,その場の状況を示す写真が豊富なホームページに関心を示し,一緒に出かけようとする発言や,出かけるための具体的な手段を考えるという新たな行動が誘発された.これらのことから,自閉症者がコンピュータを共同で使用することの有効性が示唆された.さらに,視覚的・直観的に把握できるように工夫されたホームページは,自閉症者の新たな行動を誘発させる可能性が示された.

In this highly advanced information era, technology has become an effective tool for supporting people with disabilities. We examined the effect of Internet use on two autism who habitually repeated the same conversation in order to clarify: 1. Validity of the hypothesis that the shared use of a computer was effective for changing the behavior of people with autism and 2. Effectiveness of viewing web pages for inducing new actions. As a result of the examination, we found that the shared use of a computer promoted their conversation. They were interested in browsing maps and in the web pages that contained many photographs showing local situations. The use of the computer induced their new behavior and they even proposed going out together and thought concretely about what they should do on their outing. The result indicated the effectiveness of the shared use of computers for autism. It was also acknowledged that the web pages constructed for easy visual and intuitive recognition could induce new action in autism sufferers.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 30(4), 439-446, 2007

    日本教育工学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006794640
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13498290
  • NDL 記事登録ID
    8753900
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ