ハンセン病の歴史が、看護教育に問いかけるもの : 看護職が果たすべき倫理的責任と生命倫理 History of Hansen's disease and problems on nursing education in Japan : nursing ethical roles and bioethics

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

わが国のハンセン病患者「強制隔離」政策に関しては、従来、もっぱら「医療政策」及び「医師」という観点から論じられてきた。しかし、その歴史については、看護職の立場から検討することも大きな課題として残されている。ここでは、まず看護師たちがハンセン病患者に対して使命感をもって看護にあたりながらも、大きな人権無視を侵してきたことを確認し、そのことから浮かび上がってくる「看護倫理教育」の課題として、患者の自己決定の権利や価値を擁護する看護職の責務について検討した。看護の実践や看護教育においては、「生命倫理学」が提唱してきた自己決定という権利に対する根本的な倫理的責務を、看護師自身も担っているという倫理的自覚が十分に育っているとはいえない現況にある。看護職にある者がその責務を果たしていくためには、過去の歴史に学び、「倫理」や「看護倫理」を系統的に習得する機会を早急に構築していかなければならない。

The history of Hansen's disease in Japan has been mainly discussed from the viewpoint of medical policies and doctors. However, it still remains to be examined from the perspective of the nursing profession. Nurses mostly devoted themselves to the care of people suffering Hansen's disease through a sense of duty; nonetheless, they violated the patients' human rights. This historic fact suggests strongly that we should establish an important bioethical obligation to protect the patient's values and autonomy as a central component of our nursing ethical education. There is still some lack of understanding, both educational and practical, that the responsibility for the patient's autonomy also rests upon our nursing professionals. In view of the previous Japanese attitudes towards Hansen's disease patients, we must promptly expand systematic nursing ethical education.

収録刊行物

  • 生命倫理

    生命倫理 15(1), 59-66, 2005

    日本生命倫理学会

参考文献:  42件中 1-42件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006858300
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10355291
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13434063
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ