フランスにおける出生前診断の現状と胎児理由によるIVGの危機 : ペリュシュ判決その後 Realities of prenatal diagnosis and crisis of IVG from "abnormal" fetuses in France : since the Perruche judgement

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では、2000年のペリュシュ判決以後の、フランスにおける現在の出生前診断と胎児理由によるIVG(自発的人工妊娠中絶)との関係を明らかにするものである。これについて、まず、フランスの出生前診断の現状、中絶法の期限改正やCCNE(国家倫理諮問委員会)の見解等の影響を概観し、そこから、医師の「情報を知らせる義務」や妊娠している女性の「自己決定」という従来の議論の枠組みを再度批判的に吟味していく。さらに、出生前診断における「異常」という言葉の及ぼす、個人や社会における影響を考察しながら、出生前診断の持つ本当の目的は何であるのかを検討し、国家・社会・医療・個人における「隠れた優生思想」の連鎖にどう対峙すべきかを論じる。

In this paper, I attempt to clarify the issue between the realities of current prenatal diagnosis and crisis of IVG from "abnormal" fetuses in France since the Perruche judgement (17 november, 2000). First, I review the current situation of prenatal diagnosis, the revised term of limitation in French abortion law and the influence of the CCNE (Comite Consultatif National d' Ethique pour les sciences de la vie et de la sante) opinions in France. This paper is intended to be critical reinvestigation of widespread discussion on the doctor's "obligation" to inform and the woman's freedom of choice. As I examine the impact of the word "abnormality", as used in prenatal diagnosis on individuals and society, I discuss the real purpose of prenatal diagnosis and how to confront the vicious of "hidden eugenic thought" in the State, society and individual.

収録刊行物

参考文献:  27件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006858374
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10355291
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13434063
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ