クライスト研究:『ロ-ベルト・ギスカ-ル』について Uber"Robert Guiskard"H.v.Kleists

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 南 勉 Minami Tsutomu
    • 島根大学法文学部言語文化学科ヨーロッパ言語文化教室 Shimane University, Faculty of Law and Literature, Department of Language and Culture, Laboratory of European Language and Culture

抄録

本稿の構成は以下の通りである。第一節において、民衆の役割と代表システムについて分析する。第二節において、二人の公子に焦点を当てて、それぞれの性格を分析し不和対立の原因と理由について検討する。第三節において、主人公のギスカールの発想と罪について分析する。第四節において、民衆の代表の長であるアルミーンの発想と行動を明らかにする。第五節において、作品のライト・モチーフであるペストに焦点を当てて、ソフォクレスの『オイディプス王』との相違について検討し、作品を総合的に考察する。

収録刊行物

  • 島大言語文化

    島大言語文化 (4), 101-115, 1997-12

    島根大学法文学部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006936950
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11147571
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13423533
  • NDL 記事登録ID
    4433672
  • NDL 雑誌分類
    ZK21(言語・文学)
  • NDL 請求記号
    Z12-B130
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ