動的個人モデルによる消費者来店行動の解析(<特集>日本統計学会75周年記念特集(III)) An analysis of shopping trip behavior using dynamic individual model(<Special Section>Commemoration of the 75th Anniversary of the Japan Statistical society (III))

この論文をさがす

著者

抄録

現在,マーケティング分野ではCRMやOne to Oneマーケティングと呼ばれる活動が,その有効性から注目を浴びている.それらの活動は,顧客1人1人の好みや価値観,状況の違いを把握・認識し,それぞれのニーズに合わせて異なったアプローチを行おうというマーケティング・コンセプトに基づいている.統計的モデリングの観点からこれらの現象を的確に捉えるためには,"消費者異質性"や"消費者の動的変化"を評価しうるモデルの開発が必要になる.本研究でモデル化するマーケティングの現象は消費者の来店行動である.消費者の来店は,トレンドや週周期などの時系列成分及び天気やチラシ等の回帰成分などが作用して規定されると考えられる.本研究ではそれらを動的かつ個人単位で解析するためのモデルの提案及び解析事例を提示した.モデル化は一般状態空間モデルの枠組みで行い,そのモデルの推定は粒子フィルタ/平滑化のアルゴリズムで行った.モデルに基づく解析の結果,個人毎の来店の有無を高い精度で判別できることが示された.

In the marketing field, activities such as One-to-One Marketing and Customer Relationship Management (CRM) have gotten a lot of attention for its effectiveness. The concept of those activities is based on the notion of consumer heterogeneity in the marketing. It is necessary to incorporate consumer heterogeneity and dynamic trait into a statistical model for evaluating the activities adequately. In this paper, we propose dynamic individual models for analyzing the shopping trip behavior individually. We formulate the model with framework of a general state space model. We realize an estimation of the model by using particle filter/fixed lag smoother. We show that the proposed model allow us to discriminate an individual's shopping trip behavior correctly using frequent shoppers data.

収録刊行物

  • 日本統計学会誌. シリーズJ

    日本統計学会誌. シリーズJ 38(1), 1-19, 2008

    日本統計学会

参考文献:  27件中 1-27件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006950748
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11989749
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03895602
  • NDL 記事登録ID
    9657430
  • NDL 雑誌分類
    ZD43(経済--統計)
  • NDL 請求記号
    Z3-1003
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR  NDL-Digital 
ページトップへ