手話テキストからの手話文字 SignWriting の自動生成 Automatic SignWriting generation from JSL text

この論文をさがす

著者

抄録

SignWritingは,音声言語における文字と同様に,日常の様々な用途で手話を読み書きするためにSuttonが考案した手話の書記法である.SignWritingでは手の形や動き,顔の表情などを表す図像的な記号を使って手話を表現するが,多くの記号の中から適切な記号を選び,単語を構成するのは,とくに初心者にとって時間を要する作業である.我々は計算機での入力・処理に適した手話表記法を提案している.本稿ではこの表記法で書かれた手話文を入力とし,そのSignWriting表現を自動生成することで,SignWritingによる手話記述を支援するシステムについて述べる.手話単語は手の形,位置,動き,顔の表情など複数の要素で構成されており,各要素の変化(語形変化)によって,語彙的・文法的な意味が付加される.それらの変化に対してもできる限り自動的に対応するようにしている.

SignWriting is a writing system for sign languages, which was developed by Valerie Sutton. It is the only system in regular use. SignWriting uses iconic symbols to represent the handshapes, movements, and facial expressions of sign languages. This paper presents an automatic SignWriting generation system for helping users to write Japanese sign language (JSL) sentences in SignWriting. The input of the system is the text representation of JSL sentences written in the gloss-based JSL notation we developed. The JSL text is easier to input on computers. Signs are consist of handshapes, spatial locations, movements, and facial expressions. Those elements can be modified to represent lexical/syntactic meanings. This system also attempts to generate such modifications.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学

    電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学 108(170), 61-66, 2008-07-20

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006989891
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1155230X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    9604451
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ