開放病棟と閉鎖病棟における慢性期統合失調症患者に対する集団歌唱活動の効果 Therapeutic effects of communal singing on chronic schizophrenia in an open ward and an isolation ward

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 浅野 雅子 ASANO MASAKO
    • 西九州大学リハビリテーション学部リハビリテーション学科作業療法学専攻 Occupational Therapy Major, Department of Rehabilitation Sciences, Nisikyushu University
    • 杉原 式穂 SUGIHARA SHIHO
    • 兵庫県立大学自然環境科学研究所:兵庫県立淡路景観園芸学校 Institute of Natural and Environmental Sciences, University of Hyogo:Hyogo Prefectural Awaji Landscape Planning & Horticulture Academy
    • 小松 洋平 [他] KOMATSU YOUHEI
    • 西九州大学リハビリテーション学部リハビリテーション学科作業療法学専攻 Occupational Therapy Major, Department of Rehabilitation Sciences, Nisikyushu University
    • 青山 宏 AOYAMA HIROSHI
    • 西九州大学リハビリテーション学部リハビリテーション学科作業療法学専攻 Occupational Therapy Major, Department of Rehabilitation Sciences, Nisikyushu University

抄録

A精神科病院の開放病棟と閉鎖病棟において集団歌唱活動を実施した。当初,同様の運営方法にて介入を行ったが,対象者の反応に違いが現れたために病棟別にプログラムを変更して対応することになった。その結果,開放病棟では歌唱に加えて言語的な交流が多くなり内観的な活動へと変化し,閉鎖病棟では言語的な交流に発展することはなく対象者が好む曲を次々と歌い継ぐ発散的活動が主流となった。また,各測定項目では開放病棟でLASMIの「自己認識」とMOODの「爽快感」で改善が得られ,閉鎖病棟ではLASMIの「自己認識」は悪化し,MOODの「緊張と興奮」,「疲労感」で改善が得られた。このように病棟別に得られる効果が異なることが示唆された一方,LASMIの「労働または課題の遂行」は両病棟ともに改善が得られた。開放病棟と閉鎖病棟という治療構造が異なる環境の対象者に対し,それぞれに適した歌唱活動の運営の必要性が考えられた。

The purpose of this study was to examine the therapeutic effects of communal singing for schizophrenia. We analyzed an open ward with 14 subjects and an isolation ward with 10 subjects. Subjects were evaluated using the Positive and Negative Syndrome Scale (PANSS), Life Assessment Scale for the Mentally Ill (LASMI), and MOOD. In the open ward group, "work" and "Self-Recognition" of LASMI, and "Refreshing mood" of MOOD scores of subjects were significantly better than the initial scores. In the isolation ward group, "work" of LASMI, and "Tension and excitement" and "Fatigue" of MOOD scores of subjects were significantly better than the initial scores. However, the "Self-Recognition" of LASMI changed to a low score. These results suggested that there are differences between the effects in the open wards and isolation wards for schizophrenia.

収録刊行物

  • 西九州リハビリテーション研究

    西九州リハビリテーション研究 1, 15-19, 2008

    西九州大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006993761
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12320423
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    18825761
  • NDL 記事登録ID
    10704082
  • NDL 雑誌分類
    ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z74-F810
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ