IT機器(ライフコーダ)を活用した介護予防教室の試み A care-prevention class for elderly people using lifecorder information technology

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は,IT機器(ライフコーダ)を用いて,特定高齢者介護予防教室(以下,教室)に参加している虚弱高齢者の日常活動量を測定し,教室の影響による身体機能の変化と運動の習慣化について検討した。教室開始10週後には,平均運動強度の全般的な活動量増加が見られ,特に,運動強度の5から7レベルにおいて有意な活動量の増加が認められた(p<0.01)。また,身体機能面では最大歩行速度やTUG,下肢筋力に有意な改善が認められた(p<0.01)。これらのことから,教室開始10週後には,強歩やジョギングなどに相当する運動を習慣化でき,下肢筋力などの体力向上に繋がったと判断できた。その一要因として,定期的な教室以外の環境下でも,IT機器を装着したことによる監視効果があったのではないかと示唆された。

収録刊行物

  • 西九州リハビリテーション研究

    西九州リハビリテーション研究 1, 47-50, 2008

    西九州大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006993766
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12320423
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    18825761
  • NDL 記事登録ID
    10704144
  • NDL 雑誌分類
    ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z74-F810
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ