機関リポジトリへのアクセス経路(<特集>ファインダビリティ向上) Access path to institutional repositories(<Special feature>Improving findability: Information access optimization)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

機関リポジトリは独自の集客力を持たず,外部の情報サービスシステムに集客を依存する。したがって,より多く利用されるためには,主たる閲覧利用者層として想定される研究者の日常的な情報探索行動の中で,収載文献が自然に発見されアクセスされるような経路の形成と誘導が必要となる。これを目的として実装され,リンク・リゾルバのための追加情報源として機能するAIRwayシステムを概観し,現在の被利用状況について述べ,今後の展望についてまとめる。

An institutional repository does not have its own power to attract large users, but commends user navigations to external service providers. Academics are assumed to be the primary users of institutional repository. Therefore, to gain their access, it is important to make the repository contents discoverable and accessible within their day-to-day research behavior. We have implemented "AIRway" system which is designed to be yet another knowledgebase for link-resolvers. This paper describes its functions and the usage.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 58(12), 610-614, 2008

    情報科学技術協会

参考文献:  32件中 1-32件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007005996
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09133801
  • NDL 記事登録ID
    9719477
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ