アスファルトを成形バインダーとしたMg機械加工屑の圧縮成形とその成形体のAl合金添加剤への利用 Compaction Forming of Mg Machine Waste Chips by Asphalt Addition and Application to Aluminum Alloy Additive

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 日比野 敦 Hibino Atsushi
    • 富山県立大学工学部機械システム工学科 Department of Mechanical System Engineering, Faculty of Engineering, Toyama Prefectural University

抄録

近年,自動車部品,コンピュータ部品,デジタルカメラ部品,携帯機器部品などMg合金が採用される事例が増えた.しかし,その製造工程では多量の屑が発生し,処理が問題とされている.屑を再溶解するにもMgが活性金属であり,表面積が大きく,酸化・燃焼し易いためである.Mg機械加工屑を圧縮成形し,表面積を減少させ,酸化が抑止できれば,再溶解が可能となり,さらにはAl合金製造へのMg合金添加剤など新たな利用策も考えられる.本実験ではアスファルトを成形バインダーとしたMg機械加工屑の圧縮成形を試みた.得られた成形体について亀裂のチェック.強度測定,微視組織観察を行い,成形性を評価した.また,Al合金添加剤としての利用について調べるため,溶融Alへの成形体の溶解実験を試みた.

In recent years, the magnesium alloy is frequently used for automobile components, computer parts and digital camera parts. However, a lot of magnesium chips from the manufacturing process are dumped as the industrial waste, because the surface area per unit volume is wide and the magnesium machine chips are easy oxidized during the fusion process. The magnesium chips will be able to be recycled by the compaction forming to reduce the oxidation. In the paper, the compaction forming of the magnesium machine chips is attempted by the addition of asphalt. For the compact obtained, the check of crack, the strength test and the microstructure observation of the compact are performed. Furthermore, the fusion experiment of the formed compact into aluminum melt is examined to apply as the aluminum alloy additive.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 18, 33-41, 2008-03

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007014560
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    9499440
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ