言語技能の包含関係 : 工学系大学院生を対象にした英語クラスからの報告 Implicational relations among linguistic skills : A view from a skill-based postgraduate English course

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 渡部 友子 WATANABE Tomoko
    • 富山県立大学短期大学部教養教育 Department of Liberal Arts, College of Technology, Toyama Prefectural University
    • 渡部 学 WATANABE Manabu
    • 富山県立大学:富山大学杉谷キャンパス Toyama Prefectural University:University of Toyama at Sugitani

抄録

本論では、富山県立大学で平成18年から実施されている、工学系の大学院生を対象にした英語クラスの実践報告をする。工学系の技術者や研究者は、国際学会やその他の報告会などの状況で、英語で行われる講演・発表を聞いたり、あるいは自分が英語で口頭発表をしたり、学会での論文発表に向けて概要を書く、というような英語の諸技能が職務上必要になってきている。本クラスは、これらの職業的に必要な言語技能に特化した実践的訓練を積むことを目的に実施されている。本論ではまず、本クラスで著者らが重要な原則としている、'Multiple Accessibility Principle'『内容保証の原則』という原則について述べる。この原則は、本クラスのような、学習対象である英語を、媒体言語としても使用するという状況で生じる学習上の負担を軽減する目的がある。本クラスでは、この原則に基づき、学習者の学習効果をあげるために教育上のさまざまなテクニックが採用されている。本論の後半では、学生の口頭発表と英文概要の成績を中心に、これまで本クラスで単位を取得した学生の成績の一般的傾向について概観する。特に学生の口頭発表と英文概要の成績には、とても興味深い関係が見られ、口頭発表で好成績をあげた学習者の場合、英文概要の成績も高いことが高い確率で予想できるのに対し、英文概要で好成績をあげた学習者の場合は、必ずしも口頭発表で高得点をあげるとは言えないことを指摘する。

In this short article, we report on a postgraduate English course offered at Toyama Prefectural University since 2006. The course aims to improve the student's linguistic skills relevant to their professional training. First, the background, history, philosophy, and assumptions of the course are briefly reviewed, and we introduce a pedagogical principle called 'Multiple Accessibility Principle'. The principle is adopted in order to cope with our pedagogical challenge, i.e. the student learns the class content through a language that the student is learning. We, then, discuss the teaching methods and techniques we adopt to create an optimal learning environment for our students in a content-based language course. In the second half of the paper, we discuss an overview of the students' general performance in their final grades. We provide data in their performances in the oral presentation and abstract writing, and we bring out an interesting pedagogical phenomenon observed between the target linguistic skills: Those who orally perform excellently tend to obtain high points in abstract writing as well, while those who obtain high points in abstract writing may fail to earn high points in his/her oral presentation.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 18, 67-77, 2008-03

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007014564
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    ENG
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    9499511
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ