英国における学力向上のためのICT環境整備の分析(<特集>学力向上を目指したICT活用のデザイン・実践・効果) Analysis of Contributing ICT Environment on Achievement in the UK(<Special Issue>Design and Assessment of ICT Usage in Schools to Improve Scholastic Abilities)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

学力向上にICT活用が寄与することが検証され,関連する研究成果が蓄積されている英国において,国レベルで進められたICT環境整備に関わる施策について分析した.その結果,英国におけるICT活用の普及の背景には,自己評価フレームワークという学校の情報化のあるべき姿を示す指標が設定されていること,それらに基づき,ICT機器等の整備と併せ,国の組織が連携して教師の負担を軽減する条件整備を進めてきたこと,学校長を中心としたシニアリーダーシップチームによって学校を単位として情報化が推進されてきたことが明らかとなった.また,これらを推進するBectaのような組織の重要性も示唆された.

In the UK, the contribution of ICT use to improvements in academic achievement is inspected, and research in the area is accumulating. We analysed the national policies and initiatives or preparing the ICT environment. As a result, the background of the spread of ICT use in the UK became clear. A Self-Review Framework is used by schools as an index to show the situation of good use of ICT. This Framework is a basis, not only for ICT infrastructure provision, but also for national policy for co-operation and development in requirements to reduce the burden of the teacher. In each school, a senior leadership team, led by the head teacher, pushes forward the integration of ICT in the school. In addition, we suggest the importance of a national organisation such as Becta in promoting ICT use.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 32(3), 315-322, 2008

    日本教育工学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007023974
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13498290
  • NDL 記事登録ID
    9781452
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ