子どもの算数問題解決におけるメタ認知の役割 The Role of Metacognition in Children's Mathematical Problem Solving

この論文をさがす

著者

抄録

本論文の目的は,子どもが算数問題を解決するとき,メタ認知を活性化させることによって当該の算数問題の解決に与える役割を,先行研究に基づいて明確にすることであった。この目的を達成するために,メタ認知の定義・概念に言及した先行研究を吟味した後,本研究で使用するメタ認知を「算数問題解決の過程で活性化されるモニタリングとコントロールの能力」と定義した。次いで,算数問題解決の過程に適用されるメタ認知方略の研究に焦点を当てた。その結果,子どもに算数問題を解かせるとき,メタ認知方略を訓練することによって,メタ認知方略が算数問題解決に促進的な役割を担うことを明確にした。

収録刊行物

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007025804
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1047150X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13413104
  • NDL 記事登録ID
    9686746
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-576
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ