多次元共感性尺度(MES)の作成 : 自己指向・他者指向の弁別に焦点を当てて Development of the Multidimensional Empathy Scale (MES) : Focusing on the Distinction Between Self- and Other-Orientation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 鈴木 有美 SUZUKI YUMI
    • 名古屋大学大学院教育発達科学研究科:(現)中部大学教養教育部教職課程 GRADUATE SCHOOL OF EDUCATION AND HUMAN DEVELOPMENT, NAGOYA UNIVERSITY

抄録

本研究の目的は,共感性の多次元的アプローチに従い,他者の心理状態に対する認知と情動の反応傾向をそれぞれ他者指向性-自己指向性という視点から弁別的に測定しうる多次元共感性尺度(MES)を作成し,その信頼性と妥当性を検証することであった。先行研究における概念定義の議論および既存尺度の構成を概観し,「他者指向的反応」「自己指向的反応」「被影響性」「視点取得」「想像性」の5つの下位概念を設定した。これらを測定する項目を作成し,質問紙調査を実施した。大学生871名から得られた回答について因子分析を行った結果,5つの下位概念に対応する5因子が得られた。α係数,I-T相関係数,再検査信頼性係数などの結果から信頼性を検討した。また,既存の共感性尺度および共感性との関連が予想される概念を測定する尺度との相関から妥当性を検討した。今後,自我発達との関連など認知・情動反応傾向の指向性を規定している要因の検討を進めることが,共感性に関する応用研究において有益と考えられる。

In the context of recent developments in the measurement of individual differences in empathy, the present study proposes an integrated conceptual framework for assessing empathy as multidimensional personality dispositions. Preliminary examination resulted in the development of the Multidimensional Empathy Scale (MES), a 24-item self-report measure of 5 dimensions of empathy, for distinctively assessing self/other-orientation of either cognitive or emotional components. As hypothesized, factor analysis revealed 5 distinct factors: (a) Other-Oriented Emotional Reactivity, (b) Self-Oriented Emotional Reactivity, (c) Emotional Susceptibility, (d) Perspective Taking, and (e) Fantasy. In a series of validation studies in which undergraduate students participated, each of the 5 subscales was shown to display a predictable pattern of relationships with existing scales and other hypothetically related indices. These findings, coupled with the theoretically important relationships existing among the 5 subscales themselves, suggest that the Multidimensional Empathy Scale could prove to be a valuable tool for research in personality and social psychology, and for work in applied settings.

収録刊行物

  • 教育心理学研究

    教育心理学研究 56(4), 487-497, 2008-12-30

    日本教育心理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007028208
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00345837
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    00215015
  • NDL 記事登録ID
    9759060
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-182
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ