研究者情報との連携による機関リポジトリの戦略的発信 : 信州大学の取り組み(<特集>e-Researchと学術出版) Shinshu University's strategic use of institutional repository in coordination with researcher directory(<Special feature>e-Research and scholarly communication)

この論文をさがす

著者

    • 岩井 雅史 IWAI Masashi
    • 信州大学附属図書館システム Shinshu University Library, System Administration and Contents Design Section
    • 後閑 壮登 GOKAN Masato
    • 信州大学附属図書館システム Shinshu University Library, System Administration and Contents Design Section

抄録

信州大学では,機関リポジトリを大学・研究者の視認性向上の手段としてより効果的・戦略的に活用するため,機関リポジトリと研究者総覧とを連携させたシステム「SOAR」を開発して運用を行ってきた。同システムはシステム同士をリンクでつなぎ,閲覧者が多くの情報を簡単に入手できるような設計とすることで,その第一の目標である研究者の視認性向上の実現を狙っている。またデータの一元管理を可能とすることで,研究に付随するデータ管理の負担軽減も目指している。本稿では信州大学のこれまでの取り組みと今後の戦略および発展の方向性について述べる。

Shinshu University has developed SOAR (Shinshu University Online System of General Academic Resources) intending to make use of an institutional repository as a means of improving the visibility of the researchers and the institution. The system aims to improve researchers' and an institution's visibility by linking an institutional repository, a researcher directory, electronic journals and Web of Science so that audiences can get much information with simple operations. It also aims to enable researchers to unify data management and reduce their load. We describe our approaches and future plan.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 59(1), 18-22, 2009

    情報科学技術協会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007028637
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09133801
  • NDL 記事登録ID
    9747529
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ