久留米地域におけるコンベンションの経済波及効果 The Economix Ripple Effect of the Convention in the Kurume Area

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

産業連関表を用いたコンベンションの経済波及効果の推計には,公共建設の経済波及効果推計などとは異なる固有の困難がある。「買い物」の支出を,商業マージン部分と原価部分に案分して,それぞれ商業部門と当該製造業部門への最終需要としなければならないこと,最終需要を移輸入の含まれるものとそうでないものに分けなければならないことなどである。本稿では,筆者がこれまで行った久留米地域での七つの事例をとりあげ,福岡県産業連関表の34部門表を用いて,経済波及効果推計の手順を詳述する。

収録刊行物

  • 産業経済研究

    産業経済研究 48(4), 521-567, 2008-03

    久留米大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007045587
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00098567
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03897044
  • NDL 記事登録ID
    9498039
  • NDL 雑誌分類
    ZD11(経済--経済学)
  • NDL 請求記号
    Z3-350
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ