"ちょぼくれ"の研究 : 日本の芸能・舞踊作品に与えた影響 Research on "Chobokure" : The Meaning of Entertainment in Japan and a Dance Work

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本の芸能、とりわけ歌舞伎における舞踊作品の中に、「ちょぼくれ」なる節を駆使した芸態がある。この「ちょぼくれ」とは、江戸時代における乞食坊主「願人坊主」と、それから派生した大道の雑芸より出たもので、大坂では「ちょんがれ」と呼ばれ、その後「浪花節」や「浪曲」の根源をなすものでもある。歌舞伎舞踊においては、特に門付芸として存在した「阿保蛇羅経読み」や「まかしょ」など、大道の雑芸人を描いたものや、「ちょぼくれ」の軽快な節回しを駆使した『偲儡師』や『喜撰』、『吉原雀』といった曲が現存し、現代にまでも当時の風情を伝えている。また、各地の民俗芸能として伝承されたものもある。本研究は、江戸期において大流行し、その後多くの芸能に影響を与えた「ちょぼくれ」を題材に、流行性と芸能における関係作用の研究の一つとして、まとめたものである。

収録刊行物

  • 日本大学芸術学部紀要

    日本大学芸術学部紀要 42, 15-27, 2005

    日本大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007055829
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00194345
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03855910
  • NDL 記事登録ID
    7791983
  • NDL 雑誌分類
    ZK1(芸術)
  • NDL 請求記号
    Z11-497
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ