貧困概念と社会的排除についての一考察 Poverty Concept and a Concideration about the Social Exclusion

この論文をさがす

著者

抄録

ホームレスや母子世帯,単身高齢者の貧困に加え,近年の雇用形態の変化,ワーキング・プアーの増加などは現代社会の構造的な中からの貧困である。本稿では日本社会の中で起こっている現代的な貧困を考察するために,イギリスの貧困概念の動向を絶対的貧困概念と相対的貧困概念の視点から整理する。また,近年の貧困アプローチの基準は所得だけではないことからより広い概念としての社会的排除概念の整理を行う。現代の深刻な問題は就労しても十分な生活費を得られない働く貧困層や高齢者の年金水準の低さである。こうした現代日本の貧困の再発見について,貧困概念を用いて考察する。

収録刊行物

  • 龍谷大学社会学部紀要

    龍谷大学社会学部紀要 31, 15-27, 2007

    龍谷大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007058863
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10181995
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0919116X
  • NDL 記事登録ID
    9349342
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1723
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ