40297 丹沢・大山地域における研究者・市民団体・市民の連携のあり方に関する研究 : 「生物・生態環境リスクマネジメント」の国際的研究・情報発信拠点の形成 その3(都市モデル・周辺モデルほか,環境工学I) 40297 Possibility of the collaboration among researchers, civic organizations, and citizens for environmental risk management in Tanzawa-Oyama area. : Foaming a World-class Center of Excellence for "Environmental Risk Management for Bio/Eco-systems" No.3

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境

    学術講演梗概集. D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境 2005, 615-616, 2005-07-31

    一般社団法人日本建築学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007067546
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487000
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    13414496
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ