北西太平洋深海の鯨骨上に群生しているイガイ科の新種ゲイコツマユイガイ Benthomodiolus geikotsucola n. sp. : A Mussel Colonizing Deep-sea Whale Bones in the Northwest Pacific (Bivalvia : Mytilidae)

この論文をさがす

著者

抄録

1992年に深海潜水調査船「しんかい6500」によって鳥島海山の水深4037mで発見されたニタリクジラの遺骸を2005年再訪して調査した。その鯨骨上に優占的に固着群生しているイガイ科の貝類を研究した結果,形態上からも,また分子情報からもBenthomodiolus属の未記載種と思われるのでBenthomodiolus geikotsucola n. sp.ゲイコツマユイガイ(新種)の名を与え記載した。本種の殻は浅海の鯨骨に付くヒラノマクラAdipicola pacificaや沈木に付くツマリキザミバマユイガイIdasola washingtoniaに似るが,交板上に刻みめがなく,筋肉系の配置が異なる。本属にはこれまで沈木に付くB. abyssicolaとB. lignocolaの2種が知られているが,それらとは殻皮毛と放射線状彫刻を欠くこと及び後部足糸牽引筋束が著しく長く,その左右束が極めて接近して走る点で既知種と区別できる。本種は今のところ鳥島海山の鯨骨(水深4020-4036m)からしか採集されていない。

A new mytilid mussel found colonizing a whale skeleton at a depth of 4020 m on the Torishima Seamount in the Northwest Pacific is described. It is the third named species in the genus Benthomodiolus Dell, 1987. Only minor superficial characters separate it from the two other known species; these are a lack of both periostracal hairs and radial lines and the fact that this new taxon is the only species in the genus living attached to whale bones. In addition, however, the morphology of the byssal muscles in this species is different from the other two.

収録刊行物

  • Venus : journal of the Malacological Society of Japan

    Venus : journal of the Malacological Society of Japan 66(1), 49-55, 2007-07-31

    日本貝類学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007087566
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11565254
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13482955
  • NDL 記事登録ID
    8924230
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-27
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ