ボリビア熱帯雨林産2樹種の実生稚樹の成長と光合成に及ぼす光および養分の影響 Light and nutrient effects on the growth and photosynthesis of two Bolivian rain forest tree seedlings

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ボリビアの熱帯雨林に生育するSwietenia macrophyllaおよびSchizolobium parahybumの成長および光合成に対する光環境および養分環境の効果を明らかにするため,両種の実生稚樹を5段階の光環境および3段階の養分環境下で約150日間生育させ,成長および光合成特性を調査した。両方の種で,養分環境よりも光環境の違いの方が成長および光合成特性に影響を及ぼしており,光環境がより重要な因子であると推察された。養分環境の違いは成長のみに対して効果が認められ,S. macrophyllaは高養分環境下で最も成長が良かったが,マメ科のS. parahybumは中庸の養分環境下で最も高い成長速度が観察された。両種の成長にとって36%から60%の相対照度が最適であり,全光下では成長が抑制されていた。S. parahybumは相対照度5%を除く光環境ではS. macrophyllaよりも樹高成長が速かったが,相対照度5%区では全ての個体が枯死した。S. macrophyllaでは見かけの光量子収率が被陰下で増加していたが,S. parahybumでは光量子収率の変化は認められなかった。また,S. macrophyllaでは最大光合成速度と成長速度に相関が見られたが,S. parahybumでは認められなかった。以上のことから,S. macrophyllaはS. parahybumよりも高い耐陰性を有し,これには光合成特性の可塑性が寄与していると推察された。また,光合成能力に種間の差はほとんど認められなかった。すなわち,種間の成長速度の違いは,単葉レベルの光合成特性という生理的な違いよりも,物質分配など個体レベルの生育特性を反映していると考えられた。

We investigated growth and photosynthetic responses to light and nutrients in seedlings of two tropical tree species. Swietenia macrophylla and Schizolobium parahybum were grown for ca. 150 days under five light regimes and three nutrient applications. Nutrient treatments were less effective on examined parameters than light regimes for both species. In both species, nutrient amendments determined differences in growth but not in photosynthetic characteristics. S. macrophylla grew faster with high nutrient application while S. parahybum showed best growth with medium nutrient application. Both species had best growth performance under moderate light conditions. However, they differed in their minimal light requirements for survival. High tolerance to deep shade (5% in relative light intensity) in S. macrophylla was associated with changes in apparent quantum yield across a wide range of irradiance. S. parahybum, which did not survive in deep shade, lacked such adaptive features. Changes in maximum net photosynthesis in response to light regimes contributed to explaining an important fraction of variation in growth rates in S. macrophylla but not in S. parahybum. Photosynthetic capacity did not change consistently between species, while height growth rates were higher in S. parahybum than in S. macrophylla at all light levels except for deep shade. We suggest that faster growth of S. parahybum compared to that of S. macrophylla might be more strongly influenced by differences in carbon allocation than in carbon assimilation capacity at the single leaf level.

収録刊行物

  • 森林立地

    森林立地 41(2), 83-91, 1999

    森林立地学会

参考文献:  38件中 1-38件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007088869
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00124077
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03888673
  • NDL 記事登録ID
    4963608
  • NDL 雑誌分類
    ZR21(科学技術--農林水産--林産)
  • NDL 請求記号
    Z18-493
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ