富士山溶岩流上に成立したアカマツ林のA_0層の炭素濃度と窒素濃度の季節変化 Carbon and nitrogen changes in A_0 horizons in a Pinus densiflora forest established on a Mt. Fuji lava flow

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

一次遷移初期の立地に成立したアカマツ林の,地下部における窒素(N)動態の解明の基礎資料とするため,富士山溶岩流上に成立したアカマツ林のA_0層の炭素(C)濃度とN濃度の季節変化,リターフォールおよび細根の枯死によって供給されるN量を測定した。高い炭素/窒素比(C/N)(リターで72-131,未分解粗腐植(>2mm)で35-53)に関わらず,リターと未分解粗腐植のN濃度は4月から7月にかけて低下し,C/N比はN濃度の低下に伴って上昇した。これは夏季に高いC/N比の植物遺体が供給されるためではなかった。調査対象のアカマツ林に分布が確認されている種類の外生菌根菌にリター中のNを利用する能力があることが実験的に確認されたことから,このC/N比の上昇は共生関係にある外生菌根菌を通じてアカマツがリターや未分解粗腐植中のNを吸収利用したために起きたと考えた。

As part of a study on soil nitrogen (N) dynamics in Pinus densiflora Sieb. et Zucc. forests established on substrata in the early stages of primary succession, we studied seasonal changes in carbon (C) and N concentrations in A_0 horizon and C and N inputs by litterfall and dead fine roots in a mature P. densiflora forest established on a immature substrata on Mt. Fuji lava flow. The litter and coarse humus particles showed reductions in N concentration when belowground temperature increased despite their high C/N ratios (72-131 in the litter; 35-53 in the coarse humus particles). C/N ratios in the litter increased when the N concentration decreased. The increase in C/N ratios were not caused by the input of detritus with high C/N ratios in summer. Because some ectomycorrhizal fungi distribute in the research forest can use N in litter, we presumed that the increase in the C/N ratio from spring to summer when the pine tree grow vigorously, may be caused from the use of N in litter by the pine trees under the symbiosis with the ectomycorrhizal fungi.

収録刊行物

  • 森林立地

    森林立地 48(1), 1-8, 2006

    森林立地学会

参考文献:  29件中 1-29件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007088963
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00124077
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03888673
  • NDL 記事登録ID
    8072255
  • NDL 雑誌分類
    ZR21(科学技術--農林水産--林産)
  • NDL 請求記号
    Z18-493
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ