演奏表情付けコンテストICMPC-Rencon開催報告 A Report of ICMPC-Rencon : Performance Rendering Contest for Automated Music Systems

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 橋田 光代 HASHIDA MITSUYO
    • 関西学院大学理工学研究科/ヒューマンメディア研究センター Research Center for Human & Media, Kwansei Gakuin University
    • 片寄 晴弘 KATAYOSE HARUHIRO
    • 関西学院大学理工学研究科/ヒューマンメディア研究センター Research Center for Human & Media, Kwansei Gakuin University
    • 北原 鉄朗 KITAHARA TETSURO
    • 関西学院大学理工学研究科/ヒューマンメディア研究センター Research Center for Human & Media, Kwansei Gakuin University
    • 鈴木 健嗣 SUZUKI KENJI
    • 筑波大学大学院システム情報工学研究科 Department of Intelligent Interaction Technologies, Tsukuba University

抄録

演奏表情付け研究における評価研究プロジェクトとして 2002 年よりスタートした Rencon プロジェクトでは,2008 年 8 月 25~27 日,音楽の知覚と認知に関する国際会議 ICMPC との共催で,第 7 回演奏表情付けコンテスト ICMPC-Rencon を開催した.今回,初めての試みとして,今回は,人間による手作業の修正を極力排除した自律システム部門と,人間による演奏表情付けを主目的としたシステムのための打ち込み部門とを設け,当日発表の新曲に制限時間つきで演奏生成させるという条件のもとでコンテストを実施した.また,エンターテイメントイベントとして 「観客に見せる」 ことに重点を置き,演奏生成処理の様子や制作者らへのインタビュー,自動ピアノでの再生といった,会場での演出に対する工夫も行った.本稿では, ICMPC-Rencon 実施概要について報告するとともに,実施内容に対する検討について述べる.Rencon (Performance Rendering Contest) is an annual international competition at which entrants present the computer systems they have developed for generating expressive musical performances and audience members and organizers judge the performances. At the ICMPC10, the competition consisted of an autonomous section (for evaluating the ability of the entered systems to generate performances autonomously) and a system-supported section (for evaluating human performances done using computer systems). In this paper, we report the overview of the competition and discuss some of our innovation such as stage-managing as an entertainment and developing an Internet voting system.

Rencon (Performance Rendering Contest) is an annual international competition at which entrants present the computer systems they have developed for generating expressive musical performances and audience members and organizers judge the performances. At the ICMPC10, the competition consisted of an autonomous section (for evaluating the ability of the entered systems to generate performances autonomously) and a system-supported section (for evaluating human performances done using computer systems). In this paper, we report the overview of the competition and discuss some of our innovation such as stage-managing as an entertainment and developing an Internet voting system.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告音楽情報科学(MUS)  

    情報処理学会研究報告音楽情報科学(MUS) 2008(127(2008-MUS-078)), 67-72, 2008-12-12 

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007123598
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10438388
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    9757834
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IPSJ 
ページトップへ