Boosting によるカメラ選択を用いた行動認識 Human Activity Recognition Based on Camera Selection by Boosting

この論文をさがす

著者

抄録

環境の監視等を目的として,マルチカメラシステムによる多視点行動認識手法を提案する.本手法は次の3つの性質を持つ.第一は各カメラの視野を配慮した相補的な情報統合,第二はキャリブレーションフリーなシステムであること,第三は異種センサの組み込み可能性である.これらの性質は各カメラに付随した識別器による認識結果を統合するという枠組により実現される.具体的には,AdaBoostを用い各カメラに付随した識別器を取捨選択および統合しながら,マルチカメラシステム全体として高精度な識別器を自動構成する.本稿ではさらに,このカメラ識別器の取捨選択の際に局所領域選択を導入することを検討する.

A gesture recognition method for multi-camera surveillance is proposed. The proposed method possesses the following three characteristics desirable for practical surveillans. First, the final recognition result is provided by integrating recognition results from individual cameras complementary. Second, camera calibration is not necessary. Third, various sensors other than cameras can be incorporated. The complementary integration is systematically done by an AdaBoost-based training. In addition, we use the local feature which is less discriminative to the important difference among the gestures.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解

    電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解 108(363), 61-66, 2008-12-11

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007123812
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10541106
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    9764305
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ