日本語-手話機械翻訳の試みと手話文字生成編集システムおよび自動点訳編集システムについて Japanese-JSL Machine Translation, SignWriting Generation, and Japanese Braille Translation System

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では筆者らが取り組んできた自然言語処理分野の研究の中から手話と点字に関する研究について報告する.手話に関しては,パターン変換方式の機械翻訳エンジンjawを用いた日本語テキストから手話テキストへの機械翻訳の試み,および,手話文字SignWritingの入力編集システムJSPadについて述べる.点字に関しては,日本語テキストの自動点訳および校正支援機能をもつibukiTenCについて述べる.

In this paper we present our research works on sign language and braille. First, we describe jaw/SL, a pilot MT system from Japanese to Japanese sign language (JSL) text. The output of the system is JSL text written in jjs-notation, which is the sign language notation we proposed. Jaw is a MT framework based on a pattern transfer method. Next, JSPad, a sign editing system for Sutton's SignWriting, is described. JSPad allows users to use jjs-notation as an input format in order to write sings quickly. Lastly, a practical Japanese braille translation system ibukiTenC is biefly described.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション

    電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション 108(408), 1-6, 2009-01-19

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007138269
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091225
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    9793944
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ