化学物質過敏症の診断 : 化学物質負荷試験51症例のまとめ DIAGNOSIS OF MULTIPLE CHEMICAL SENSITIVITY BY CHEMICAL COMPOUNDS EXPOSURE TESTS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 長谷川 眞紀 Hasegawa Maki
    • 国立病院機構相模原病院臨床環境医学センター Clinical Environmental Medical Center, National Hospital Organization, Sagamihara National Hospital
    • 大友 守 Ohtomo Mamoru
    • 国立病院機構相模原病院臨床環境医学センター Clinical Environmental Medical Center, National Hospital Organization, Sagamihara National Hospital
    • 秋山 一男 Akiyama Kazuo
    • 国立病院機構相模原病院臨床研究センター Clinical Research Center, National Hospital Organization, Sagamihara National Hospital

抄録

【背景・目的】化学物質過敏症は診断の決め手となるような客観的な検査所見が無く,病歴,QEESI点数,臨床検査(他疾患の除外)等から総合判断として診断している.診断のゴールド・スタンダードは負荷試験であるが,これも自覚症状の変化を判定の目安として使わざるを得ない.そういう制約はあるが,我々の施設ではこれまで化学物質負荷試験を,確定診断の目的で施行してきた.【方法】当院内の負荷ブースを用い,ホルムアルデヒド,あるいはトルエンを負荷した.負荷濃度は最高でも居住環境指針値とした.また負荷方法は従前はオープン試験によったが,最近はシングル・ブラインド試験を施行している.【結果】これまで51名の患者に延べ59回の負荷試験を行った.オープン試験を行った40名のうち,陽性例は18名,陰性例は22名であった.陰性判定理由は症状が誘発されなかった例が11名,実際の負荷が始まる前に(モニター上負荷物質濃度上昇が検出される前に)症状が出た例が11名であった.ブラインド試験は11名に施行し,陽性が4名,陰性が7名であった.【結語】化学物質負荷試験は現時点でもっとも有力な化学物質過敏症の診断法であり,共通のプロトコールを作成し行われるべきである.

Objective: There are no specific signs or symptoms in Multiple Chemical Sensitivity (MCS), so diagnosis of MCS depends on a history, QEESI symptom scores and exclusion of other diseases. A gold standard of diagnosis of MCS is a chemical compound exposure test in which changes of symptoms are used to decide the results positive or negative. We have done chemical compound exposure tests to diagnose MCS in 51 patients. Methods: Chemical compound exposure tests were done in a special facility (the exposure chamber) in our hospital. Used VOC were formaldehyde or toluene. Maximum exposure concentrations were 0.08ppm and 0.07ppm for formaldehyde and toluene, respectively. Forty patients had the tests by a open test manner and 11 patients by a single blinded manner. Results: In the open tests, 18 patients had positive results and 22 patients negative. In 22 patients who had negative results, eleven showed no symptoms by chemical exposures, and other 11 claimed symptoms before VOC went into the chamber. In the single blinded tests, 4 patients had positive results and 7 patients negative. Conclusion: The chemical exposure test is the most reliable test to diagnose MCS, so standardization of the methods of the test is necessary.

収録刊行物

  • アレルギー

    アレルギー 58(2), 112-118, 2009

    一般社団法人 日本アレルギー学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007161217
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012583
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00214884
  • NDL 記事登録ID
    10258742
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-32
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ