中心重点画像分割による色彩特徴量に基づく画像検索の提案と比較 Proposing Method using Images Divided by Center Weighted Division and A Comparison for the Color Image Retrieval

この論文をさがす

著者

抄録

CBIR(Content-Based Image Retrieval)という,画像の内容に基づく画像検索技術に関する研究が進んでいる.その内,色彩特徴が画像の最も重要な視覚特徴の1つとして内容に基づく画像検索技術に幅広く利用されている.本稿では画像に対し,中心に重点を置いて分割し,L^*a^*b^*表色系で分割された画像ごとに累積ヒストグラムを求め,類似度測度はユークリッド距離で計算するという手法を提案した.実験により,提案した手法は計算の複雑性が高くなったが,検索精度が高まったことがわかった.

Promoted by the professional and diverse demands of image retrieval the technique of content-based image retrieval (CBIR) becomes more mature. In CBIR, Color characterization of an image is one of the most important feature and is widely used. This article describes a technique that divides the image by center weighted division and calculates the cumulative histogram of each divided images in L^*a^*b^* color space. Similarity measure uses the Euclidean Distance. According to the experimental results, Our proposed method requires additional computational burden,but it is help to improve the image retrieval effectiveness.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. ITS

    電子情報通信学会技術研究報告. ITS 108(424), 163-166, 2009-01-28

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007163638
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11370324
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10175365
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ