リコンフィギャラブルシステムにおけるマルチスレッドプログラミングモデルを用いたメモリアクセス最適化手法の一検討 A Memory Access Optimization Method for Reconfigurable Systems Based on a Multithread Programming Model

この論文をさがす

著者

抄録

リコンフィギャラブルシステムは既存のマイクロプロセッサアーキテクチャと比べて高い性能とコストパフォーマンスを達成できるアプリケーションが存在することが知られている.しかし,システムのもつ性能を最大限に発揮するにはアーキテクチャに適した設計や記述を行うなど,専門的な知識を必要とする場合が多い.本稿では,マルチスレッドプログラミングモデルを取り入れた開発環境を構築することでリコンフィギャラブルシステムでのユーザ支援が目的である.実験の結果、実装したトランスレータはメモリアクセス最適化に関するDMA転送やシフトレジスタの自動生成など,パフォーマンス向上に効果的なコードの自動生成が可能な事がわかった.

Reconfigurable systems are known to be able to achieve higher performance than traditional microprocessor architecture for many application fields. However, in order to extract a full potential of the reconfigurable systems, programmers often have to design and describe the best suited code for their target architecture with specialized knowledge. The aim of this paper is to assist the users of reconfigurable systems by implementing a programming environment with a multithread model. The experimental results show our translator automatically generates efficient performance-aware code segments including DMA transfer and shift registers for memory access optimization.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. RECONF, リコンフィギャラブルシステム : IEICE technical report

    電子情報通信学会技術研究報告. RECONF, リコンフィギャラブルシステム : IEICE technical report 109(26), 61-66, 2009-05-07

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007226117
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12046591
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10248933
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ