音楽音響信号を対象とした指揮演奏システムの開発 Development of a conducting system for audio signal

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 橋田 光代 Hashida Mitsuyo
    • 関西学院大学大学院理工学研究科:科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業CrestMuseプロジェクト Graduate School of Science and Technology, Kwansei Gakuin University:CrestMuse Project, CREST, JST
    • 片寄 晴弘 Katayose Haruhiro
    • 関西学院大学大学院理工学研究科:科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業CrestMuseプロジェクト Graduate School of Science and Technology, Kwansei Gakuin University:CrestMuse Project, CREST, JST

抄録

ビデオゲームのジャンルの1つとして音楽ゲームがある.1996年以降「リズムアクションゲーム」が音楽ゲームの代表的存在であったが,ここ1,2年の間で,作曲機能を持ったものや演奏時のアドリブを許容するものの発売が相次いでいる.その中で,簡単な操作で,テンポや音量の制御によって演奏表現を楽しむことを目指した拍打型演奏インタフェースが注目を集めている.拍打型演奏インタフェースにおいて制御の対象となる音楽信号は,MIDIベースのものと音響信号に大別される.音響信号を用いるものには,好きな任意の音源を用いて演奏表現を楽しむことができるというメリットがある一方で,テヌート時の音質の確保とアラインメントの実施という特有の課題がある.本稿では,音楽ゲームのサーベイランスを実施した上で,テヌート時の音質の確保とスケジューラに工夫を施した指揮演奏システムAiiMについて述べる.

Music is one of the most significant targets of video games, and a genre called "Rhythm action" has been a mainstream for this last decade. But in this couple of years, music games that enable users to compose or play music have been successfully released, and beat-oriented music performance interfaces have been drawing consumers' attention. Present beat-oriented music performance interfaces are divided into controllers of MIDI and acoustic signal. The latter has an advantage as it allows a user to play tunes that s/he often listens to. In this paper, we discuss "entertainability" of music video games and introduce our music conducting system for acoustic signal, called AiiM, to which we implemented an improvement regarding sound quality at the user's tenuto directions and a scheduler for ensuring naturalness to the user's tempo controls.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告. EC, エンタテインメントコンピューティング

    情報処理学会研究報告. EC, エンタテインメントコンピューティング 2009(26), 43-50, 2009-02-28

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007226163
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12049625
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    10201657
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ