協同作業認識尺度の開発 Development of a Scale to Measure Belief in Cooperation

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は,協同作業の認識を測定する尺度を開発し,その信頼性と妥当性を確認することであった。まず研究1において,大学生と専門学校生1,020名を対象として探索的な因子分析をおこなった。その結果,協同作業の認識は,協同効用,個人志向,互恵懸念の3因子18項目で構成されていることが示された。確証的因子分析をおこなった結果,3因子モデルの十分な適合度が示された。そこで,この3因子からなる尺度を協同作業認識尺度とした。研究2では,大学生と専門学校生2,156名を対象に調査をおこない,3因子の併存的妥当性を検討した。また,研究3では,協同学習を導入した授業を受講した97名の大学生を対象に,3因子の介入的妥当性と予測的妥当性を検討した。研究2と研究3の結果より,協同作業認識尺度を構成する3因子の妥当性を確認することができた。最後に,協同学習の実践場面における協同作業認識尺度の活用法や今後の課題について考察した。

The purposes of the present study were to develop a scale that would enable the measurement of the belief in cooperation, and to substantiate the reliability and validity of the new scale. In Study 1, exploratory factor analysis of data from 1,020 university and technical college students revealed that the belief in cooperation was composed of 3 factors: usefulness of cooperation, individual orientation, and inequity. Confirmatory factor analysis of the factors showed sufficient fitness. We named this scale "The Belief in Cooperation Scale". In Study 2, research with 2,156 university and technical college students showed concurrent validation of the scale. In Study 3, research with 97 university students who had attended a class that used cooperative learning revealed the interventional and predictive validity of the scale. The practical uses of the scale and future considerations were discussed.

収録刊行物

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007226322
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00345837
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    00215015
  • NDL 記事登録ID
    10217717
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-182
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ