富山県におけるリケッチア症媒介マダニ相調査 Survey of tick fauna possessing the ability to act as vectors of rickettsiosis in Toyama Prefecture, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1991-2007年に富山県においてフランネルによるマダニ採集を行い,3,562個体のマダニ類を採集した.これらのマダニ類は次の2属9種に分類された:キチマダニHaemaphysalis flava,ヤマトチマダニH.japonica,ヒゲナガチマダニH.kitaokai,フタトゲチマダニH.longicornis,オオトゲチマダニH.megaspinosa,ヒトツトゲマダニIxodes monospinosus,タネガタマダニI.nipponensis,ヤマトマダニI.ovatus,シュルツェマダニI.persulcatus.ヤマトマダニは標高401m以上の地域における最優占種で,それより低い標高域においても少なからぬ密度で分布することが示された.キチマダニは標高400m以下の地域における最優占種であった.ヒゲナガチマダニ,オオトゲチマダニ,およびヒトツトゲマダニを富山県から初めて記録した.ヒトツトゲマダニからRickettsia helveticaの近縁リケッチアが検出され,富山県における紅斑熱患者発生の可能性が示された.

During 1991-2007 a total of 3,562 ixodid ticks were collected by flagging at altitudes from 20 to 1,470m in Toyama Prefecture. Two genera and nine species were identified as follows: Haemaphysalis flava, H. japonica, H. kitaokai, H. longicornis, H. megaspinosa, Ixodes monospinosus, I. nipponensis, I. ovatus, and I. persulcatus. Ixodes ovatus was the most dominant species at elevations of 400m and above, but was also distributed at the low altitudes. Haemaphysalis flava was predominant below 401m above sea level. Haemaphysalis kitaokai, H. megaspinosa, and I. monospinosus were newly recorded in Toyama Prefecture. Rickettsial DNA detected from I. monospinosus was closely related to Rickettsia helvetica, indicating a potential threat of spotted fever group rickettsial infection in Toyama Prefecture.

収録刊行物

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007226356
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00021948
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04247086
  • NDL 記事登録ID
    10329416
  • NDL 雑誌分類
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL 請求記号
    Z19-47
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ