人を対象とした研究の倫理 Ethics in human subject research

この論文をさがす

著者

    • 福士 珠美 FUKUSHI Tamami
    • 科学技術振興機構社会技術研究開発センター Center for Research and Development Strategy (CRDS) Japan Science and Technology Agency (JST) Lifescience Unit
    • 佐倉 統 SAKURA Osamu
    • 東京大学大学院情報学環 Interfaculty of Initiative in Information Studies, University of Tokyo

抄録

学術研究の表現はともすれば無機質である。それがどれだけ血の通った人間を対象としていても,そこに求められるのは客観的な科学的現象の記述であり,個人を超えた普遍性を持つものでなければならない。かくして学者の書く論文の文章も,話す講義も,抽象化され非個性化されたことばで埋め尽くされる。科学的厳密さの前に,人間の心のなまめかしいうごきは封印されるのである。仮にその科学がどれだけ心のなまめかしさを扱っていようとも。だがこのことは研究者が人を対象とした実験を行う現場でも無機質に振る舞ってよいことを正当化しない。研究者も被験者もそれぞれが生きた人間であり,実験室はそのような生きた人間同士が出会う場である。研究倫理とは,そうした研究場面という特殊な人間関係や契約関係が作り出す葛藤に生まれる問題である。倫理判断は原則として法に基づくものではなく,基本的に人倫に関する当事者たちの良識に基づくものであり,研究領域ごと,あるいは研究施設ごとに,様々な慣習的手続きが作られている。

収録刊行物

  • 日本音響学会誌

    日本音響学会誌 65(6), 324-330, 2009-06-01

    一般社団法人日本音響学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007226427
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00186234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03694232
  • NDL 記事登録ID
    10329177
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-15
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ