応用行動分析学は発達障害者の就労支援にどのように貢献しているのか? : 米国の文献を中心とした概観(<特集>エビデンスに基づいた発達障害支援の最先端) How Has Applied Behavior Analysis Contributed to Vocational Interventions for People With Developmental Disabilities? : A Review of U.S. Literature(<Special article>Forefront of Evidence-Based Behavioral Support for Persons With Developmental Disabilities)

この論文をさがす

著者

抄録

発達障害者の就労支援に関する応用行動分析学的な手法を用いた研究に関する文献レビューはわが国ではあまり見られない。本稿では、米国における発達障害者の職業に関するスキル習得の報告を中心に、まず70年代から90年代中盤までの研究の流れを概観した。続いて、1998年以降の応用行動分析学に基づいた発達障害者への就労支援に関する研究について概観し、「作業技能(正確性・効率)」「作業技能(作業の自発的開始・課題従事・終了)」「対人生活技能」「問題行動低減」「就労支援者への指導」に分け内容を述べた。そして、米国の研究報告では、十分にエビデンスレベルが確保されているとは言えないまでも、有効な支援方法を開発しようとする流れが確かにあることを確認した。一方で、軽度発達障害者への取り組みや職業相談・職業評価等に関してはあまり応用行動分析学に基づいた研究が行なわれていないことも示された。また、なぜ応用行動分析学が発達障害者の障害者就労支援に有効なのか考察した。

In Japan, few reviews of the literature about vocational interventions for people with developmental disabilities based on applied behavior analysis (ABA) have been published. The present article first describes the flow of research that dealt with the acquisition of vocational skills by people with developmental disabilities from the 1970s to the mid-1990s in the U.S. Next, research articles published after 1998 that dealt with vocational interventions for people with developmental disabilities are reviewed. The publications reviewed were categorized as follows: (a) work skills (accuracy and productivity), (b) work skills (spontaneous initiation and termination of work, on-task behavior), (c) social skills and self care skills, (d) reducing problem behavior, and (e) staff training. The present review of empirical studies in the U.S. identified a trend of attempting to develop effective vocational interventions for people with developmental disabilities, although the studies have some limitations, e.g., levels of evidence and a paucity of participants without intellectual disabilities. The present review also examined why applied behavior analysis is effective for vocational interventions for people with developmental disabilities.

収録刊行物

  • 行動分析学研究  

    行動分析学研究 23(1), 5-32, 2009-03-30 

    日本行動分析学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007230345
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10150936
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    09138013
  • NDL 記事登録ID
    10269204
  • NDL 雑誌分類
    ZS2(科学技術--心理学) // ZS31(科学技術--医学--精神神経科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-2121
  • データ提供元
    NDL 
ページトップへ