『古事記伝』の「仮字の事」をどう読むか : 上代特殊仮名遣の研究史を再検討する How to Understand the Chapter Kana no koto in MOTOORI Norinaga's Kojikiden

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本居宣長『古事記伝』の「仮字(カナ)の事」は万葉仮名の二類の書き分けを初めて指摘したものであるが、橋本進吉はこれをあまり高く評価せず、"本居宣長が見付けたのは、特定少数の語についての仮名のきまりであって、コ音・メ音等の仮名全体に通じてのきまりではない。十数個の仮名に二類の別があるのを発見したのは石塚龍麿である。"とする。しかし、『古事記伝』の「仮字の事」を詳しく検討することにより、宣長が、キヒビミケメコソトモヨ等について二類の区別があったことを発見していたこと、さらに、二類の仮名を配列するにあたって中国漢字音(中古音)を念頭に置いていたらしいこともわかる。

MOTOORI Norinaga discussed two types of man'yogana used in Kojiki, in the chapter Kana no koto in his Kojikiden vol. I. HASHIMOTO Shinkichi undervalued MOTOORI's Kana no koto. But in fact, MOTOORI had discovered the distinction between two types of man'yogana, and identified the phonological background of the two types. He had a knowledge of the phonology of Ancient Chinese, and could apply Inkyo (韻鏡 Yunjing) to the distinguishing of the two types of man'yogana. MOTOORI must have taken the phonology of Ancient Chinese into consideration during his work on man'yogana in Kana no koto.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 4(4), 1-15, 2008

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007230666
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    13495119
  • NDL 記事登録ID
    9659133
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ