自閉症児・者の性教育に対する保護者のニーズに関する調査研究 Parents' Needs to Provide Sex Education for Their Children With Autism

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では自閉症児・者の保護者を対象に子どもの性教育に関するニーズ調査を実施した。調査では、性教育の必要性、性教育が必要であると考えられる時期、必要とされる性教育の内容、そして保護者の学習の場の必要性とその形態に関して質問を行った。その結果、大部分の保護者が子どもに対する性教育の必要性を認識しており、小学校(小学部)高学年から性教育が必要であると回答した保護者が最も多かった。必要とされる性教育の内容については、子どもの生活年齢、知的障害合併の有無、性別に関連して保護者の回答に違いがみられた。また、大部分の保護者が、子どもの性教育に関する保護者自身の学習の場を望んでいることが明らかとなった。保護者の性教育に対するニーズの実態、そして今後の課題について考察を行った。

The purpose of the present study was to investigate parents' needs for sex education for their children with autism. Parents (fathers, N=44; mothers, N=185) of children and youth with autism completed a questionnaire about the necessity of sex education, the age level at which sex education was needed, required contents for sex education, the necessity of learning opportunities for the parents, and its form. The results indicated that a large majority of the parents recognized the necessity of sex education for their children, and required sex education for their children starting in the higher grades of elementary school. Differences found in the contents of sex education that the parents felt was needed were related to the chronological age, intellectual level, and gender of their children. Moreover, a large majority of parents wanted to have learning opportunities for sex education offered to their children. The discussion dealt with parents' needs for sex education and challenges for the future.

収録刊行物

  • 特殊教育学研究

    特殊教育学研究 46(1), 29-38, 2008-05-31

    日本特殊教育学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007329177
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00172513
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    03873374
  • NDL 記事登録ID
    9585256
  • NDL 雑誌分類
    ZF9(教育--各科教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-314
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ