ユビキタス時代のプライバシー : Google ストリートビュー・セカイカメラ等がもたらす問題の倫理的考察 Privacy in ubiquitous computing environments : Ethical problem of "Google Street View" and "Sekai Camera"

この論文をさがす

著者

抄録

2007年,Google社は「Google Street View」(以下,GSV)のサービスを開始した,日本でもGSVが導入され,あらゆる地点の周辺風景が地図情報と併せて公開されている.しかしながら現状では,とくに住宅地での撮影がプライバシーの侵害,住居侵入の手助けになる,肖像権の侵害などを引き起こすとして問題視されている.本稿ではまず,GSVが引き起こしている諸問題を整理する.次に,GSV導入によって引き起こされると言われるプライバシー問題を整理する.そして,今後,セカイカメラ等の類似の問題を孕んだアプリケーションが導入された場合に,撮影される側のプライバシーはどこまで,またどのように守られるべきかを考察する.

Google started the service of "Google Street View" (hereafter, GSV) in 2007. GSV is introduced, and the scenery of all the points is open to the public along with map. However, it is put in question because it is assumed that taking a picture in the residential quarter especially becomes help of violations of privacy and the dwelling invasion and the violation of the right to refuse to be photographed etc. First of all, various problems that GSV causes are arranged in this text. Next, the privacy problem said causing by the GSV introduction is arranged. When the application that conceived a similar problem such as Sekai Camera is introduced, privacy on the side taken a picture of considers whether it is necessary to be defended.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SITE, 技術と社会・倫理 : IEICE technical report

    電子情報通信学会技術研究報告. SITE, 技術と社会・倫理 : IEICE technical report 109(74), 71-75, 2009-05-29

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007330987
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11651731
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10274348
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ