アメリカの大学図書館における情報リテラシー教育活動 : ハーバード大学等の事例から(<特集>情報リテラシー) Information literacy education activities in American university libraries : case study of Harvard University libraries etc(<Special feature>Information literacy)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

筆者は2007年3月から1年間,研修としてハーバード大学イェンチン図書館に滞在した。研修期間中に見聞したハーバード大学,マサチューセッツ州立大学アマースト校,その他のアメリカの大学図書館におけるオリエンテーションや講義をもとに,情報リテラシー教育活動の事例について報告する。また,日米間に違いがあるかどうかについて考察する。日米とも同様の課題を抱えていること。その一方で,web技術やデジタルメディアの活用,コミュニケーションの形成の仕方に違いがあること,等。

The author spent one year at the Harvard-Yenching Library on an internship beginning in March 2007. He observed a number of orientations and instruction classes at Harvard University, University of Massachusetts Amherst, and other university libraries in the U.S. This article describes some cases of information literacy education activities and points out the differences and similarities between Japan and the U.S. Both American and Japanese university libraries encounter similar difficulties in their activities. Meanwhile, they utilize web technology and digital media, and build communication with users through their activities.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 59(7), 334-340, 2009

    情報科学技術協会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007331637
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09133801
  • NDL 記事登録ID
    10261496
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ