簡単な例題で理解する空間統計モデル An introduction to spatial statistical modeling for ecologists

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 久保 拓弥 KUBO Takuya
    • 北海道大学大学院地球環境科学研究院 Graduate School of Environmental Earth Science, Hokkaido University

抄録

観測データの背後にある生態学的なプロセスを特定するときに、データの空間構造に由来する空間的自己相関(空間相関)のある「場所差」はとりあつかいの難しい「ノイズ」である。空間相関のある「場所差」はrandom effectsとして統計モデルの中で表現するのがよい。近年よく使われているGLMMなど簡単な階層ベイズモデルでは空間相関のあるrandom effectsをうまくあつかえない。そこで空間相関をうまく表現できるintrinsic Gaussian CAR modelの概要を説明し、単純化した架空データから得られる推定結果を示す。また階層ベイズモデルが威力を発揮する、欠測のある観測データが与えられた状況での推定結果も示した。

収録刊行物

  • 日本生態學會誌

    日本生態學會誌 59(2), 187-196, 2009-07-31

    日本生態学会暫定事務局

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007340204
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00193852
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215007
  • NDL 記事登録ID
    10394596
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物)
  • NDL 請求記号
    Z18-43
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ