ターニケットによる駆血が廃用性筋萎縮に与える影響 : ラットによる実験的研究 Influence of Tourniquet-Induced Ischemia on Disuse Atrophy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

【目的】ターニケットによる駆血が廃用性筋萎縮に与える影響について検討すること。【対象】8週齢Wistar系雌性ラット40匹。【方法】実験期間の違いにより,10匹ずつ4日間グループ,7日間グループ,14日間グループ,21日間グループに分けた。そして,各グループを対照群ラット(n=5)と実験ラット(n=5)に分け,実験ラットの右下肢は実験初日に90分間の駆血を行い,足関節を最大底屈位に固定し(駆血後固定群),一方,左下肢は駆血を行わず足関節を最大底屈位に固定した(固定群)。筋萎縮評価にはヒラメ筋線維横断面積を用いた。【結果】ヒラメ筋線維横断面積は駆血後固定群が,全てのグループで固定群よりも有意に低値を示した。【考察】ターニケットによる駆血は廃用性筋萎縮に促進的な影響を及ぼしていたものと考えられた。

Purpose: The purpose of this study was to examine whether there is an influence of a tourniquetinduced ischemia on disuse muscle atrophy. Subjects: Forty female 8-week old Wistar rats were used in this study. Method: The rats were divided into four groups according to the length of immobilization: 4-day group (n=10), 7-day group (n=10), 14-day group (n=10), and 21-day group (n=10). Each group was then sub-divided into 2 groups: control (n=5) and experiment (n=5) groups. The right hind limbs of the experimental rats received an ischemia by a tourniquet for ninety minutes the first experimental day, and the ankle joints were then fixed in full plantar flexion with a cast (Ischemia & Fixation group). The left hind limb of the experimental rats were fixed in full plantar flexion with a cast but without a tourniquet application (Fixation group). Muscle atrophy was defined as a decrease in the area of the soleus muscle fibers. Results: The results showed that the areas of the soleus muscle fibers of the Ischemia & Fixation group were significantly decreased when compared with the other groups. Conclusion: The authors suggest that tourniquet-induced ischemia facilitates disuse muscle atrophy in rats.

収録刊行物

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007340374
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10146032
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02893770
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ