MRIに基づく音声生成の研究手法の概要 Overview of methods and techniques used in MRI-based speech production studies

この論文をさがす

著者

抄録

MRIは音声生成の研究に有用なツールである.近年,声道を精密に計測する撮像法が開発され,誰もが利用できるようになっている.しかし,MRIを用いた音声研究はまだ少数である.それはMRIの特性とそのデータ処理に関する情報が不足しているからであると考えられる.そこで本稿では,音声生成研究で利用されている3種類の撮像法,通常撮像法,発話同期撮像法,動画撮像法と,そのMRIデータの処理過程について概説する.また,声道の音響解析手法として縦続円筒管モデル,時間領域差分法を紹介する.そして,MRIを用いた音声研究の今後の展望について述べる.

MRI is a powerful tool for the study of speech production. Although MRI sequences specifically designed for vocal tract imaging have been developed and everyone can use them, MRI-based speech production studies are small in number. One possible reason is that information about MRI characteristics relating to vocal tract imaging and data processing techniques is limited. In this paper, we provide a brief overview of MRI sequences used in this field, that is, the conventional sequence, phonation synchronized sequence, and movie sequence. Next, we review MRI data processing techniques for each sequence and outline the transmission line model and the finite-difference time-domain method as acoustic analysis methods. Finally, we comment on future prospects concerning MRI-based speech production studies.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 109(99), 11-16, 2009-06-17

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007340431
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10274654
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ