擬似的な不規則画素配置を持つCMOSイメージセンサの方向特異性の一検討(マルチメディア情報入力及び処理方式および一般) Estimation on Directional Singularity of CMOS Image Sensor with Pseudorandom Pixel Placement

この論文をさがす

著者

抄録

通常のイメージセンサの画素は格子状に配置されているため、斜線と水平線でギザの生じ方が異なる、画像の精細さの方向特異性が存在する。本稿では、擬似的に不規則な配置の画素を持つイメージセンサの光学特性に関する評価を、円を構成する画素数、および斜めに配置された矩形領域を構成する画素数の観点から行う。

Conventional image sensors have the pixels arranged at lattice positions for ease of implementation. Lattice placement of pixels intrinsically has the problem of the directional singularity of the clarity on image representation, for example, the appearance of jaggy is dependent on the direction of the objects. In this paper, we describe the estimations on the optical characteristics of image sensors with pseudorandomly placed pixels for circle and rectangular shape in terms of the clarity on image representation.

収録刊行物

  • 映像情報メディア学会技術報告

    映像情報メディア学会技術報告 32(26), 41-44, 2008-06-23

    一般社団法人映像情報メディア学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007385338
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1059086X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13426893
  • NDL 記事登録ID
    9614623
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-1010
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ