1次元ボース凝縮体の接合における輸送現象(最近の研究から) Transport Phenomena through a Junction of One-Dimensional Bose Condensates(Current Topics)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年の冷却原子系の実験技術の進展に伴い,ボース凝縮体に関する研究が精力的に行われている.冷却原子系の実験では人工的な設計の自由度が大きく,また系の時間発展を直接観測できるため,様々な新しい量子効果の研究が可能である.本稿では1次元的なトラップに閉じ込めたボース凝縮体の接合について理論的に考察し,観測される輸送現象についてのいくつかの予言を紹介する.

Recent progress in experimental techniques on cold atoms has been stimulating vigorous studies of Bose systems. In cold atom experiments, there is a large degree of freedom in experimental setup design, and time-evolution of the system can be measured directly. These features enable us to study various novel quantum effects in cold atoms. In this article, we discuss junction of Bose condensates confined in one-dimensional potentials theoretically, and introduce a few predictions on the transport phenomena.

収録刊行物

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007387184
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00290181
  • NDL 記事登録ID
    10379783
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-13
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ