複層マルコフ確率場を事前分布とする超解像法におけるハイパパラメータ推定 Hyperparameter Estimation in Image Superresolution with a Compound Markov Random Field Prior

この論文をさがす

著者

抄録

超解像は,複数枚の低解像度劣化画像から高解像度原画像を復元することを目的とする.複層マルコフ確率場(MRF)を事前分布とする超解像法は,単層のMRFを事前分布とする方法に比べて,エッジを明に推定することでシャープな高解像度画層の推定が可能である.本研究では,ハイパパラメータに対して事前分布を設定する階層ベイズ的アプローチにより,複層MRFを用いた超解像法におけるハイパパラメータを自動推定する手法を提案する.厳密なベイズ推定は困難であるため,変分法に基づく近似ベイズ推定を実行するアルゴリズムを導出する.数値実験により,提案法は与えられる画像に応じた適切なハイパパラメータ推定が可能であり,その結果,高解像度原画像の推定精度が向上することを示す.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition)

    電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition) 92(10), 1802-1811, 2009-10-01

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  24件中 1-24件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007387813
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12099634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    18804535
  • NDL 記事登録ID
    10455544
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-779
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ